ボトックス注射でなりたい自分になろう【副作用が少ない施術】

サイトメニュー

安全なプチ整形手術

注射

医師の腕とセンスが大切

比較的安全とされるボトックスでも、施術の仕方を間違えれば副作用が出かねません。そんな失敗を防ぐためには、施術に対しての正しい理解と副作用が出ないようにするポイントを押さえておくことが大切になります。たとえばボトックスでよくある失敗例としては、注射をした部分の皮膚が垂れ下がってしまったり必要以上にたるんでしまったりするパターンです。もしくは表情が固まってしまったり、バランスがおかしくなったりしてしまうことも少なくありません。これらの副作用の症状は、ボトックス注射の量や打つ場所を間違えた時によくおこります。あるいは予想以上に筋肉が萎縮してしまい、皮膚が余ってしまうためにおこることもあるようです。この症状が出た際の防止策としては、たるみを改善する施術を同時に受けるようにするのが手っ取り早いといえます。他にもボトックスで顔を痩身した時、動かしにくくなったりまったく動かなくなったりするということも珍しくありません。こちらも原因としては製剤の質や使い方に問題があったためによくおこる症状です。こうならないようにするには、ひとえに施術する医師の技術や知識の他にも使用する製剤のメーカーを事前に確認することが重要です。そうやって使用する道具のことや施術する医師についてのデータを集めておくことで、ボトックスで副作用がおきるリスクを減らすことができます。ボトックスは、筋肉に伝わる神経伝達物質を阻害することで筋肉を縮小させる小顔整形です。筋肉が縮むことでその部分が小さくなる作用を利用して、顔の大きさを改善することができます。作用が出る部分が筋肉のある部分だけなので、それ以外の骨や脂肪に影響が出ることはありません。副作用についても、ボトックスなら筋肉以外の場所に出ることはまずないのでその点は安心です。しかし筋肉は、顔の表情を動かしたり皮膚を支えたりするうえでは欠かせない部分です。したがってそこが必要以上に動かなくなってしまったり、筋肉量が減りすぎてしまったりしては皮膚や表情に影響が出るのは避けられません。また筋肉の量や表情筋の使い方は個人個人でまったく違うので、施術の際はそれに合わせたカスタマイズも必要です。この部分を考慮せずに施術をしてしまうと、予想とはかけ離れた結果になってしまう可能性もあります。経験豊富な整形外科医なら、そんな施術による効果の出方や個人の体質を考えたうえで施術しますから効果の出方も比較的安定しています。これなら副作用が出る確率も減らせるので、比較的安全にボトックスの施術を受けることが可能です。注射のみで行う施術なため、ボトックスは医師のセンスや力量に頼るところが大きくなります。施術を受ける時は、そこを踏まえたうえでクリニックを探すようにしてください。