ボトックス注射でなりたい自分になろう【副作用が少ない施術】

サイトメニュー

プチ整形を受けるために

男性医師

安全と効果の問題

整形をする方のほとんどは健康体のはずなので、できる限りそれを損ねることはしたくないのが普通です。そういうわけでクリニックを選ぶ時は、まず信頼できるところを探しましょう。ではどんなクリニックがいいかといえば、ひとつには口コミで評判のいいドクターのいるところなら安心です。特にボトックスの施術で利用者からの副作用の報告が少ないクリニックなら、施術を受ける時も適切に処置してもらえます。他にもひとつの基準として、ボトックスの認定医の資格を持っていることも重要なポイントになるかもしれません。認定医の資格があるということは、それだけ勉強熱心であることに加え知識や経験もそれなりに備わっているという証明にもなります。副作用が心配な場合は、この点にも気を付けてボトックスの施術先を探しましょう。あとは使用する製剤の質も、副作用をおこさずにボトックスを受ける時の基準といえます。もっとも良いのはアラガン社製の製剤を使用しているクリニックになりますが、これ以外にもヨーロッパ製の物に評価が高い物があるのでそちらもおすすめです。またカウンセリングで評価が高いところや保証が手厚いクリニックであることも、安全に施術を受けるうえでは大切な要素です。ボトックスの副作用を避けたい方は、ひとまずこの点を確認しながら探すようにしてください。選びに選んだクリニックで、副作用もなくボトックスの施術を終えられたならまずは一安心です。ただボトックスは施術が終わったからといって、すぐに安心できる施術ではありません。実のところボトックスは、施術してから数日間の過ごし方によって後から副作用に似た症状が出てしまうこともあります。たとえば施術後に患部を温めたり熱を出したりすると、せっかく注射したボトックスの菌が弱ってしまい効果が大幅に下がってしまいかねません。そうならないようにするには、施術後の効果が定着するまで患部を冷やしておくことが大切になります。さらにこのこと以外にも、施術後は患部に対するマッサージを極力控えることが必要です。これはマッサージをすることによって、注射した製剤が拡散する可能性があるからです。製剤が必要以上に広がってしまうと、せっかくの効果が短期間で終わってしまうのでくれぐれも気を付けましょう。その上で精神安定剤や筋弛緩剤、あるいは抗生物質の使用もなるべく控えるようにしてください。これらの医薬品も、ボトックスの製剤との相性が悪く効果を打ち消してしまうことが考えられます。術後の副作用としては、こうした症状の他にも患部が動かなくなったりだるくなったりするというのもよくあります。ほとんどの物は一過性ですが、中には日常生活に支障が出るものもあるのでその時はすぐにクリニックで対処してもらいましょう。